バナー

仮想化基盤の運用について

インターネット環境が整えられている中で、コンピューターを正常に稼働させることが重要になってきます。

このコンピューターを正常に稼働させるためには、その動きを見張る物が必要になってきます。


これを監視と呼びますが、たくさんあるコンピューターを一つずつ監視するというのは簡単な作業ではありません。またこのコンピューターが正常に稼働していないという場合には、監視をするコンピューターが運用をする人にこのことを知らせるようになっています。この運用する人はどこに以上があるのかを調べて、正常に稼働する状態に戻す方法を考える必要があります。

BIGLOBEニュース情報の差に驚きました。

しかしコンピューターを正常な状態に戻すためには、運用する人が全ての作業を行うわけではありません。



問題の原因によってはコンピューターを含んだITシステムを作った人が来て対処をしなければいけないという場合もあります。


このような運用が以前は行われていましたが、この運用の部分に仮想化基盤が導入されるとその流れが異なってきます。


ここでは運用する人は基盤構成の複雑さを知ることになります。

仮想化基盤は構成そのものが複雑になっており、今まで以上にたくさんのITの知識が求められるようになっています。



しかし異常が発生した場合でも短時間で正常に戻すことができるようになっています。

仮想化基盤が導入されることによって仮想化基盤特有の管理をすることができます。物理コンピューターのハードウェアをすでに保有していると言うことで、新たにハードウェアを購入する必要がないという特徴があります。