バナー

仮想化基盤の技術はサーバー運営に活用されています

仮想化基盤の技術によって、レンタルサーバーサービスは自由度の高いプランを提供可能になりました。この仮想化基盤の技術とは、OSを仮想環境上にインストールして自由度の高いカスタマイズが可能になる技術です。

教えて!gooに関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

仮想環境に接続されているCPUやメモリなどの容量やコア数を細かく設定することが可能になります。

本来ならばハードウェアのパーツを交換しなければいけないところを、ソフトで設定を変更するだけで仮想環境の仕様も変更できるので、物理的な作業をする必要なくカスタマイズできます。


この自由度の高い環境構築技術が仮想化基盤のメリットです。
この技術がどのようにレンタルサーバーに利用されているかを説明していきます。

レンタルサーバーでは、様々な仕様のプランが提供されていますが、これらのプランを物理的なサーバーのパーツを換えること無く仕様を変更しプランの変更も可能になります。



サーバを借りている利用者がプランを変更した時に、本来ならサーバも別のものを使わなければいけない所を、公開しているサイトを止めること無くそのまま変更できます。このように移転の手間を省き、サイトの継続性を保ちながら自由度の高い仕様の変更が可能になることが一つの大きな特徴になっています。



他にも、古いサーバPCがたくさんある場合に、それらを再利用するときにもこの仮想化技術が役に立っていて、サーバを無駄なく利用できるので、運用コストの削減にも貢献できます。