バナー

仮想化基盤サービスを利用する方法

仮想化基盤とは、OSやハードウェアを含むシステム全体を仮想化して動かすものを指します。

この仮想化の技術はビジネスでも使われている利用頻度の高い技術です。

この仮想化基盤を使用しているサービスは、主にネットワーク上で展開しているレンタルサーバやクラウドサーバと呼ばれるサービス郡で使われています。


このような、ネットサービスを使うときのポイントがいくつかあり、また、どのサービスを選べばいいのかも比較するコツがあります。

ビジネスとしてWEBサービスを公開したいという時には、冗長性を確保したクラウドサーバを借りるのが適しています。このクラウドサーバでは、豊富な優良プランが有るのが特徴で、運用しようと思っている規模に適しているちょうどいいプランを見つけやすいです。

よりシンプルさを追求したOKWaveの専門サイトのココです。

CPUの処理スピードやメモリの量、そしてHDDの容量などを細かく設定できます。
さらに仮想化基盤サービスのメリットとしてあるのが冗長性ですが、この冗長性とは運用しているサービスの規模が大きくなった時に、プランの変更やサーバ台数の変更が容易になります。
この冗長性の高いものを選ぶことで、運用しているサービスを停止せずにスムーズなサーバの台数変更や、設定変更といったものが可能になり、利用者に対して停止時間をできるだけ減らしたサービスを提供できることになります。



このサービス継続性は、ビジネスとしてサービスを提供する上で信頼性にも繋がりますから、それが仮想サーバのメリットです。