バナー

仮想化基盤の活用方法はいくつかあります

仮想化基盤の技術は高度なシミュレーション機能を有していて、OSやソフトウェア、デバイスドライバやハードウェア等を仮想環境上に再現することが出来ます。

仮想化基盤が主に使われている場所は、サーバー業界などがあり、大規模なサービスを運営するのには欠かせない技術になっています。この仮想化基盤はサーバ用途だけでなく、アプリ開発やWEBサービスの開発にも向いていて、従来では実現できなかった作業を手軽に行えるようになりました。

仮想化基盤を構築するためのアプリケーションも、開発会社から無償でダウンロードできるようになっているので、個人でも手軽に導入できることがメリットです。


個人としてもこの仮想環境を活用する方法がいろいろあって、主な使い方としてはアプリ開発などがあげられます。

さらに身近になった教えて!gooに関する情報が満載です。

プログラミングをしてアプリを開発するときには、その出来上がったプログラムの動作検証を行う必要があります。



そのためには、メイン環境とは別のOS環境を用意する必要があるのですが、従来の場合にはもう1台パソコンを用意しなければいけない所を、仮想環境なら仮想環境構築ソフトを導入するだけで済みます。

このように、別のOS環境を仮想環境として用意することが簡単に行えるので、動作検証をする場合の手間や費用の削減に役だっています。



他にも、無料でダウンロードできる色々な種類のOSを入手して、試しにインストールして使ってみることもできるので色々な楽しみ方があります。